女性のためのローヤルゼリー

目次

  1. 更年期障害の予防、改善
  2. アンチエイジング(老化予防)
  3. 不妊の予防、改善
  4. ダイエット、デトックス
  5. 豊胸
  6. 骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の予防、改善
  7. 女性特有の悩みの改善についてのローヤルゼリーの研究結果
    1. 骨密度の減少の防止
    2. 肩こりの改善
    3. 冷え性の改善
    4. しわの改善
ローヤルゼリーは、女性の悩みを予防、改善する効果がある成分を多く含んでいます。
ここでは、どんな成分が女性の悩みを予防、改善するのかを説明します。

更年期障害の予防、改善

ローヤルゼリーに含まれている特別な成分のデセン酸は、女性ホルモンに似た働きがあります。
デセン酸は、閉経前後に減った女性ホルモンの代わりに働いて、ホルモンバランスの乱れを整えます。
また、自律神経の乱れを整える働きもあるので、更年期障害による身体の不調を予防、改善する効果があります。

必須アミノ酸のトリプトファンは、心身の安定や心の安らぎに大きな影響を与えるセロトニンという神経伝達物質の材料です。
ですので、トリプトファンを摂取するとセロトニンが多く作られ、更年期障害による不安感や鬱(うつ)を予防、改善します。

〇その他にも更年期障害を予防、改善する以下のような成分が含まれています
・カルシウム・マグネシウム・ビタミンB6・12・葉酸・・・精神を安定させ更年期障害によるイライラや鬱を防ぐ
・アルギニン・パントテン酸・アデノシン・・・血管を拡張して血行をよくして更年期障害による冷え、肩こりを防ぐ
・ナイアシン・・・皮膚や粘膜の健康を維持して胃腸の不調を予防、改善する

アンチエイジング(老化予防)

類パロチンは、若返りホルモンと呼ばれるパロチンに似た働きがあり、皮膚の代謝をよくし、シミやしわを防いで肌や髪の発育を助ける効果があります。

デセン酸は、女性ホルモンに似た働きがあり、抗菌、抗酸化作用、皮脂の分泌のコントロール、免疫力低下の防止、などの作用で髪の毛や肌の老化を防止します。

アピシンは、細胞の分裂速度を速めたり、細胞の減少を防いだり、長生きさせたりする働きがあるので、肌の生まれ変わりを促し、若々しい肌を保つ効果があります。

類パロチン、デセン酸、アピシンは、ローヤルゼリーにしか含まれていない特別な成分です。

〇その他のアンチエイジングに効果がある成分
・アルギニン・・・しわ、たるみの防止、肌のハリと弾力を保つ
・アセチルコリン・・・脳の記憶や言語、運動などの機能を保つ
・パントテン酸、セリン、グリシン・・・しわの予防、改善効果
・ビタミンC・・・肌のハリを保ち、しわを防ぐ

不妊の予防、改善

不妊の原因には、ストレスによる自律神経の乱れや、冷え、血行障害、ホルモンバランスの乱れがあり、ローヤルゼリーはこれらに効果がある成分を含んでいます。

デセン酸は、自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れを整える働きがあります。
さらに、血行を良くして、冷えを改善する働きもあります。

パントテン酸、アルギニンは、血行をよくし、アデノシンは新陳代謝をよくして冷えを防ぎます。

また、アセチルコリンは、自律神経の乱れを整え、発汗機能を促して冷えを予防します。

〇その他の不妊に効果がある成分
・カルシウム、マグネシウム・・・ホルモンバランスの乱れを整える
・γ‐アミノ酪酸(ガンマ‐アミノらくさん)・・・自律神経の乱れを整える

ダイエット、デトックス

ローヤルゼリーにしか含まれていない特別な成分のひとつのアピシンは、細胞の代謝や細胞の活性化を促進し、老廃物を排出させる働きがあります。

デセン酸、ビタミンB群は、新陳代謝を良くし、老廃物を排出させる働きがあります。

また、アミノ酸は、脂肪を燃焼させるので、ダイエットに効果があります。
アミノ酸の中でも、9種類ある必須アミノ酸は、体内で生成されないので食物から摂取する必要があります。
その上、必須アミノ酸は、9種類全部揃わないと効果を発揮しにくいのですが、ローヤルゼリーには全て含まれています。

豊胸

女性のバストは、乳腺が発達すると大きくなりますが、その際に女性ホルモンが分泌されると、より効果が高くなります。

デセン酸は、女性ホルモンに似た働きがあるので、ホルモンバランスを調整して女性ホルモンが分泌されているのに近い状態にします。

アセチルコリンは、自律神経を整えて、リンパや血液の流れを良くしてバストアップに必要な女性ホルモンをしっかり胸まで届けます。

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の予防、改善

女性ホルモンは、骨の新陳代謝のバランスを取る働きがあるので、閉経前後に女性ホルモンが減少すると骨の強度が下がって骨粗鬆症になる可能性が高くなります。

デセン酸は、閉経などで体内の女性ホルモンが減った時に、女性ホルモンの代わりに骨の新陳代謝のバランスを取って骨粗鬆症を予防、改善します。

また、デセン酸にはインスリンに似た作用もあるので、 骨の形成を促す作用があるインスリンが糖尿病で減った時に、インスリンの代わりに働きます。

類パロチンは、カルシウムを沈着させる働きがあるので、骨や歯を丈夫に保つ効果があります。

〇その他の骨粗鬆症に効果がある成分
・カルシウム・・・骨や歯をつくる
・マグネシウム・・・骨を強化する、インスリンの分泌を促進する
・ビタミンB群、・・・骨密度を高くする
・葉酸・・・骨質を高める
・グルタミン、アルギニン、L‐プロリン・・・脂肪を燃焼させて肥満が原因の骨粗鬆症を防ぐ

女性特有の悩みの改善についてのローヤルゼリーの研究結果

骨密度の減少の防止

みつばち健康科学研究所の研究によると、更年期モデルのマウスに酵素分解ローヤルゼリーを与えると、骨密度の減少が抑えられて、骨中のカルシウムの量が増加したことが判明しています。

肩こりの改善

更年期周辺の肩こりに悩む女性がローヤルゼリーを4週間摂取した結果、背筋のはりの自覚症状が大きく改善されました。

冷え性の改善

冷え性の女性が2週間ローヤルゼリーを摂取した結果、冷たい水に手をさらした場合の皮膚の表面の温度の回復が早くなり、摂取前より「手足や腰が温かい」と自覚したことが判明しています。

しわの改善

ローヤルゼリーエキスを肌に塗ると、肌の角層(皮膚の最も外側の層)の水分量が増えることが実験で判明しています。

また、ローヤルゼリーを摂取しても角層の水分量が増えて、目元のしわが改善されたことが実証されています。

まとめ

ローヤルゼリーに含まれているデセン酸は、女性ホルモンに似た働きがあるので、閉経前後に女性ホルモンが減少した際に、女性ホルモンの代わりに働いて更年期障害によるさまざまな症状を予防、改善する効果があります。
また、ローヤルゼリーは、アンチエイジングや不妊の予防、改善、ダイエット、デトックス、豊胸などの女性にとって嬉しい効果がある成分が多く含まれているので、女性にお勧めの健康食品です。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related