ローヤルゼリーの成分 アミノ酸 オキシプロリン

アミノ酸には、必須アミノ酸や非必須アミノ酸以外のアミノ酸もあります。
ここでは、ローヤルゼリーに含まれているアミノ酸の中のオキシプロリンについて説明します。

オキシプロリン

オキシプロリンは、ヒドロキシプロリンともいい、コラーゲンもしくは、コラーゲンに似たたんぱく質にしか含まれてない特殊なアミノ酸で、コラーゲンの中にあるアミノ酸の約10%を占めています。

オキシプロリンは、コラーゲンを生成し、皮膚の表皮細胞の増殖を促すので、優れた保湿効果があり、その効果はコラーゲンと同じかそれ以上あります。

また、オキシプロリンは、真皮(表皮の内側にあって皮膚の大部分を占めている組織)中の免疫細胞に働いて、IGE産生(アレルギーを起こす原因のIGE抗体を生み出すこと)やヒスタミンなどのアレルギーを誘発する物質を放出する肥満細胞の密度が増加することを防ぐので、アトピー性皮膚炎を改善することが実験で判明しています。

おわりに

ローヤルゼリーには、高い保湿効果があり、オキシプロリンをはじめとするアミノ酸は、この保湿効果に貢献していますが、オキシプロリンは、その中でも特に活躍する成分です。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related