ローヤルゼリーの成分 非必須アミノ酸 アルギニン

非必須アミノ酸とは、体内で合成できるアミノ酸のことです。
ここでは、ローヤルゼリーに含まれている非必須アミノ酸の中のアルギニンについて説明します。

アルギニン

アルギニンには、次のような働きがあります。

肝臓の負担を減らす

アルギニンは、アンモニアを分解して肝臓の解毒作用を助け、アルコールの代謝(外部から取り入れた栄養素をエネルギーに変換したり、消費したりすること)を促し、肝臓の負担を減らす働きがあります。

しみやしわ、たるみを防ぐ

アルギニンは、コラーゲンの生成を促して、しわ、しみ、たるみを防ぎ、肌の弾力を保ったりコラーゲンの質が変わる(コラーゲンの老化)のを防いだりします。

成長ホルモンの分泌を促す

アルギニンは、成長ホルモンの分泌を促進する働きがあるので、身体を活性化させて抵抗力をつけたり、身体の傷を早く回復させたりします。
また、成長ホルモンには、食欲を抑える、脂肪を燃焼させる、筋肉を増強させる、などの働きもあるのでダイエットやボディービルに効果があります。

血流をよくする

アルギニンは、血管を拡張する働きがある一酸化窒素をつくるので、血管を拡張して血液の流れをよくする働きがあります。

細菌やウイルスに対する抵抗力をつける

アルギニンは、身体に入ってきた細菌やウイルスを除去する働きがあるマクロファージを活性化させる働きがあるので免疫力を高めてウイルスや細菌に対する抵抗力を高くします。

おわりに

アルギニンは、肝臓の働きをサポートするので栄養ドリンクによく用いられています。
ローヤルゼリーには、肝臓の働きを強くする、血液中の中性脂肪を取り除く、筋肉を増強する、肌を健康に保つ、などの効果があり、アルギニンはその効果に貢献しています。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related