ローヤルゼリーの成分 アミノ酸 タウリン

アミノ酸には、必須アミノ酸や非必須アミノ酸以外のアミノ酸もあります。
ここでは、ローヤルゼリーに含まれているアミノ酸の中のタウリンについて説明します。

タウリン

タウリンは、含硫アミノ酸(硫黄を含むアミノ酸のこと、がんりゅうアミノ酸と読みます)の一種で、たんぱく質の材料にならないアミノ酸です。
タウリンには次のような効果があります。

肝臓の負担を減らす

タウリンは、腎臓や肝臓が有害なミネラル(アルミニウム、鉛、水銀、ヒ素、ベリリウム、カドミウム)をろ過する働きを助けるので、肝臓の負担を減らします。
また、肝臓の脂肪を取り除く、アルコールの分解を促進する、肝細胞の再生を助ける、などの働きがあるので、肝臓が弱っている時に肝臓を速やかに正常に戻します。

血圧の上昇を防ぐ

タウリンは、自律神経(循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整する神経)の中の交感神経(自律神経のひとつで活動時に活発に働きます)の働きを抑える作用があるので、血管の収縮を抑え、血圧の上昇を防ぎます。

コレステロール値を下げる

タウリンは、血液中のコレステロールを材料に作られる胆汁酸の合成を促進します。
胆汁酸が増えるほど、血液中のコレステロールが減るので、タウリンはコレステロール値を下げる働きがあります。

便秘を予防する

タウリンは、腸のぜん動運動(腸が内容物を排出しようとする運動)を助ける働きがあるので、便秘を予防します。

目によい効果をもたらす

タウリンには、網膜を保護する、眼精疲労を回復する、目の新陳代謝を促し角膜の修復を助ける、目の老化を防ぐ、など目によい効果をもたらす働きがあります。

精神を安定させる

タウリンは、精神の安定に効果があるγ‐アミノ酪酸(ガンマーアミノらくさん)の働きを助けるので、精神の安定によるストレス軽減や不眠の改善の効果があります。

学習力、記憶力の向上

タウリンを摂取すると、学習力と記憶力が向上した、という研究の結果が発表されています。

おわりに

必須アミノ酸と非必須アミノ酸は、たんぱく質の材料になりますが、タウリンは、たんぱく質の材料にならないアミノ酸です。
ローヤルゼリーには、肝臓の機能を向上させる、高血圧の予防、改善、コレステロール値を下げる、精神を安定させる、などの働きがあり、タウリンはこれらの効果に貢献しています。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related