ローヤルゼリーの成分 非必須アミノ酸 アスパラギン

非必須アミノ酸とは、体内で合成できるアミノ酸のことです。
ここでは、ローヤルゼリーに含まれている非必須アミノ酸の中のアスパラギンについて説明します。

アスパラギン

アスパラギンは、有害物質のアンモニアとアスパラギン酸が結合したものです。
アスパラギンは、アンモニアを安全な形で体内に留め、身体に悪影響が出ないようにし、アンモニアを安全な形で体外へ排出するので、肝臓を保護する働きがあります。

また、アスパラギンをはじめとするアミノ酸は、たんぱく質を合成します。
たんぱく質が不足すると、体力や免疫力が低下し、血管が弱くなってしまいます。

さらに、アスパラギンは、疲労の原因となる乳酸の生成を抑制して疲労を回復し、運動時のエネルギーとなるグリコーゲンの生成を促進するので、運動時の持久力を高める効果があります。

アスパラギンは、その他にも新陳代謝を活発にする効果があります。

おわりに

アスパラギンは、アスパラギン酸と名前が似ていますが、別の物質です。
ローヤルゼリーには、肝機能を保護する働きや、疲労回復、新陳代謝を活発にする働きがあり、アスパラギンもその効果に貢献しています。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related