飲みやすい味のローヤルゼリーを選ぼう

目次

  1. 生ローヤルゼリーの味
    1. 生ローヤルゼリーを飲みやすくする工夫
  2. 乾燥ローヤルゼリーの味
    1. 乾燥ローヤルゼリーを飲みやすくする方法
  3. 調整ローヤルゼリーの味
ローヤルゼリーには独特の味があり、一般的に飲みにくいと言われています。
ここでは、ローヤルゼリーの味や飲みやすくする工夫を紹介します。

ローヤルゼリーには、生ローヤルゼリー、乾燥ローヤルゼリー、調整ローヤルゼリーの3つの種類があり、それぞれ味に特徴があります。

生ローヤルゼリーの味

生ローヤルゼリーは、採取したローヤルゼリーを、不純物をろ過しただけでそのまま瓶に詰めたものなので、ローヤルゼリー本来の味がします。

ローヤルゼリーは、甘いハチミツと違い独特の酸味があり、人によっては苦味も感じ、舌にピリっとする刺激もあります。
また、生ローヤルゼリーは、ほんのり乳の香りがします。
さらに、生ローヤルゼリーのクリーム状、糊(のり)状の触感が苦手な人もいます。

生ローヤルゼリーの味の中で、一番苦手とする人が多い酸味とピリッとする刺激は、ローヤルゼリーに含まれている特別な成分のデセン酸の味です。
ローヤルゼリーは、デセン酸の濃度が高いほど品質がよいので、品質のよい生ローヤルゼリーほど独特の酸味と刺激が強くなります。

生ローヤルゼリーを飲みやすくする工夫

生ローヤルゼリーをそのままでは摂取しづらい場合、飲みやすくする工夫があります。

〇シャーベット状にする
生ローヤルゼリーは、シャーベット状にすると酸味や刺激が感じにくくなる人が多いので、冷凍の場合は、シャーベット状に解凍すると摂取しやすくなります。

生の場合は、シャーベット状に凍らせて摂取するといいでしょう。

〇食べ物や飲み物に混ぜる
生ローヤルゼリーの独特の酸味や刺激が感じにくくなるように、食べ物や飲み物に混ぜる方法もあります。

次に挙げる食べ物や飲み物に混ぜると飲みやすくなります。

・シャーベット
・アイスクリーム
・ヨーグルト
・ハチミツ
・野菜ジュース
・青汁
・牛乳
・炭酸水

生ローヤルゼリーは、冷たい食べ物や、甘くて喉の通りがよい食べ物や飲み物と混ぜると摂取しやすくなります。

生ローヤルゼリーは、酸っぱいので、甘みや柑橘系の味や香りがするものが合う場合が多いです。
いろいろ試して、自分が摂取しやすいものと混ぜるといいでしょう。

〇混ぜる場合の注意点
・熱い飲み物には混ぜない
ローヤルゼリーは熱に弱く、熱い飲み物で摂取すると栄養素の一部が壊れてしまいます。
ですので、飲み物に混ぜる場合は、冷たい飲み物に混ぜましょう。

また、ぬるま湯くらいの温度では栄養素は壊れないので、ぬるい方が飲みやすい人はぬるめの飲み物でもよいです。

・タンニンが入ったものには混ぜない
コーヒーや、紅茶、お茶に含まれているタンニン(ポリフェノールの一種)は、鉄と結合する性質があります。
タンニンが含まれている飲み物でローヤルゼリーを摂取すると、ローヤルゼリーに含まれている鉄とタンニンが結合して「タンニン鉄」という物質になります。

鉄は、もともと吸収率が低い成分の上に、タンニン鉄になると水に溶けにくくなり、腸で吸収されにくくなって体外に排出されてしまいます。

ですので、タンニンを含んでいる飲み物に混ぜるのは避けましょう。

乾燥ローヤルゼリーの味

乾燥ローヤルゼリーは、生ローヤルゼリーを乾燥させて90%水分を飛ばしたもので、粉末もしくはカプセルに詰めたものです。

粉末のローヤルゼリーは、乾燥させてあるので生よりは味も匂いもずっと弱くなっています。

カプセルの乾燥ローヤルゼリーは、カプセルに入っているので、摂取する時に味や匂いはほとんどしません。

乾燥ローヤルゼリーを飲みやすくする方法

乾燥ローヤルゼリーは、味は生ローヤルゼリーより薄いですが、それでも飲みにくい人がいます。
また、粉末が飲みづらい人もいるので、そのような場合は生ローヤルゼリーと同じように食べ物や飲み物に混ぜて飲むといいでしょう。

注意点も、生ローヤルゼリーの場合と同じで、熱いものやタンニンが含まれているものに混ぜないでください。

調整ローヤルゼリーの味

調整ローヤルゼリーは、生ローヤルゼリーか粉末ローヤルゼリーのどちらかを原料に、副材料や添加物を加えて錠剤もしくは、カプセルにしたものです。

錠剤の場合は、錠剤を固める際に乳糖が使われているものや、甘味料としてハチミツが使われているものは、ほんのり甘い匂いや味がします。

また、さらに飲みやすくするために糖衣錠(飲みやすくするために外側を砂糖で包んだ錠剤)になっている製品もあります。

カプセルの場合は、カプセルに入っているので、味や匂いはしません。

調整ローヤルゼリーは、カプセルか錠剤なので、摂取時に飲み物が必要です。
生ローヤルゼリーと同じく、熱い飲み物やタンニンの入った飲み物で摂取するのは避けましょう。

まとめ

生ローヤルゼリーは、酸っぱい味や舌にピリっとくる刺激があり、人によっては飲むのが苦痛だったり、摂取できなかったりする場合があります。
乾燥ローヤルゼリーの粉末は、生よりずっと味も匂いも薄いですが、味がないわけではありません。
乾燥ローヤルゼリーのカプセルや調整ローヤルゼリーは、カプセルや錠剤なので、味も匂いもしません。
また、調整ローヤルゼリーの糖衣錠なら甘い味がします。
ローヤルゼリーの味が苦手な人は、カプセルタイプや錠剤タイプを選ぶといいでしょう。
どうしても生で摂取したい場合は、飲み物や食べ物に混ぜて摂取することをお勧めします。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related