更年期

ローヤルゼリーを選ぶときは添加物に注意!

健康食品としてメジャーで効果も期待できるローヤルゼリーですが、そのほかのサプリメントと同じように『添加物入り』の商品もたくさんあり、敏感な人からすれば不安材料になりますね。
添加物が入った製品は『調整ローヤルゼリー』とも称されますが、どんなことに注意して選ぶべきかをご説明いたします。

調整品の添加物として多いのが、比較的近い存在である『はちみつ』ですね。
というかローヤルゼリー自体が「はちみつと似たようなものでしょ?」と思われやすく、はちみつを添加物だとは思わない人もいるでしょう。
もちろん、それ以外の添加物もたくさんあります。

さて、そんな添加物入りの製品を使う場合、気をつけるべきは『アレルギー』でしょう。
人間は体質によって食べられないものがあり、摂取することでじんましんが発生したり、最悪は死亡したりする可能性もあります。

また、ローヤルゼリーのサプリメントは『調整品の場合は一定以上の比率を満たしていればOK』なので、その割合ギリギリまで削って添加物を増やした場合、ローヤルゼリーがもたらす代表的な効果を得にくい商品になりますね。
このように調整品は心配事もある一方で、『生の成分だけでは補えない栄養素』をカバーできます。
たとえばこうした製品を取る人は美容効果を期待する人が多いため、『コラーゲン』などが含まれている場合、より美肌になれる可能性が高いですね。

それに加え、本来のローヤルゼリーは独特の風味で飲みにくいのに対し、調整品の場合は緩和されていたり、むしろ美味しいとすら感じるような改善もされていたりします。
毎日続けるものが不味いと感じるのは辛いため、調整品には注意が必要であっても、悪とは断定できないのです。
このような事実からも分かるように、調整品を避けるべきは『アレルギーがある人』や『ローヤルゼリーの効果だけを得たい人』であり、そうでないなら調整品も選択肢に入ります。
コストに関しても調整品はお手軽なため、自分に合うなら入門用としても最適でしょう。
またこちらのローヤルゼリーとはちみつの違いについても参考にご覧ください。