ローヤルゼリーの成分 アセチルコリン

ローヤルゼリーには、10種類のビタミンが含まれています。
ここでは、ローヤルゼリーに含まれているビタミンの中のアセチルコリンについて説明します。

アセチルコリン

アセチルコリンは、脳の神経細胞間の情報の伝達速度を速める神経伝達物質です。
アセチルコリンを摂取すると、伝達速度が速まるので、集中力や記憶力が向上します。
また、ドーパミンとともに運動などの機能を保ち、意欲や記憶などに関わる海馬の働きにも関わっているのでアルツハイマー型認知症の予防、改善に効果があります。
さらに、アセチルコリンは、間脳に働きかけて自律神経(循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整する神経)の乱れを整え、休息時や就寝時に活発に働く副交感神経の働きを優位にします。
副交感神経が優位になると身体がリラックスするので、さまざまな効果が得られます。

副交感神経が優位になって得られる効果

・血管の収縮を防いで血圧が上がるのを防ぐ
・血流をよくするので、冷え性の予防、改善する
・ストレスを緩和する
・ストレスからくる下痢や便秘、不眠を予防、改善する

おわりに

ローヤルゼリーに含まれているビタミンは、ビタミンB群が全てとアセチルコリンとイノシトールの10種類です。
ローヤルゼリーには、アルツハイマー型認知症の予防、改善の効果や自律神経の乱れを整えて身体のさまざまな不調を改善する効果があり、アセチルコリンはそれらの効果に大変貢献している成分です。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related