ローヤルゼリーによる病気の予防・改善効果 肝臓病について

目次

  1. 肝臓病とは?
  2. 肝臓病の原因
  3. 肝臓病の予防、改善に効果があるローヤルゼリーの成分
ローヤルゼリーには、肝臓病に効果がある成分が含まれています。
ここでは、ローヤルゼリーのどんな成分が肝臓病の予防や改善に効果があるのかを説明します。

肝臓病とは?

肝臓病とは、肝臓の組織に炎症が起き、腫れて熱を持った状態のことです。

肝臓病にはさまざまな種類がありますが、主なものに脂肪肝、肝炎、肝硬変、肝がんがあります。

肝臓病の原因

肝臓病の原因は、ウイルス性、アルコール性、薬剤性、遺伝の4つで、最も多いのはウイルス性です。
ウイルス性の肝炎は、ウイルスに感染しないように気を付けることが一番ですが、脂肪肝、肝硬変、ガンは、生活習慣を見直したり、肝臓の負担を軽減したりすることである程度予防できます。
ローヤルゼリーは、肝臓の負担を減らして肝臓病を予防、改善する効果がある成分を含んでいます。

肝臓病の予防、改善に効果があるローヤルゼリーの成分

タウリン

非必須アミノ酸のタウリンは、腎臓や肝臓が有害ミネラル(アルミニウム、鉛、水銀、ヒ素、ベリリウム、カドミウム)をろ過する働きを助けて肝臓の負担を減らします。
また、肝臓内の脂肪を取り除いて排出したり、アルコールの分解を促進したりする働きがあります。
さらに、タウリンは、肝細胞の再生を助けて、肝臓が弱っている時に速やかに肝臓を正常な状態に戻す働きもします。

メチオニン

必須アミノ酸のメチオニンは、アルコールを分解する働きがあるので、肝臓の負担を減らします。
また、メチオニンは、肝臓の代謝を良くして肝臓に脂肪が溜まりにくくするので、脂肪肝を予防します。
さらに、メチオニンは肝臓病の予防、改善に効果があるタウリンを生成する働きもあります。

アルギニン

非必須アミノ酸のアルギニンは、アンモニアを分解して肝臓の解毒作用を助ける働きや、アルコールの代謝を促進して肝臓の負担を減らす働きがあります。
また、アルギニンを摂取すると、肝細胞を保護したり肝障害を改善したりする働きがある一酸化窒素の生成が増えます。

スレオニン

必須アミノ酸のスレオニン(トレオニンとも呼ばれます)は、肝臓の代謝を促し、肝臓に脂肪が蓄積するのを防ぐ働きがあります。

イノシトール

ビタミン様物質(ビタミンと似た働きをしますが、体内で合成ができ、欠乏症が起こらないのでビタミンと区別するために、ビタミン様物質と呼ばれています)のイノシトールは、脂質の代謝を良くして、 肝臓に余分な脂肪が溜まらないようにする働きがあり、「抗脂肪肝ビタミン」とも呼ばれています。

ビタミンB群

肝臓は糖、脂質、たんぱく質の代謝をしますが、ビタミンB群は、全ての代謝に関わっているので、ビタミンB群が不足すると、肝臓の機能が低下します。
ですので、ビタミンB群は、肝臓に必要な成分です。

おわりに

肝臓は再生機能があり、ある程度障害を受けても再生するので、少しのダメージでは自覚症状が なく、気が付いた時には重症になっていることもあります。
ローヤルゼリーは、肝臓の働きを助け、肝臓の負担を減らす効果がある成分を多く含んでいるので、肝臓病を予防したい人や改善したい人にお勧めします。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related