ローヤルゼリーの成分 糖類 フルクトース

ローヤルゼリーには、4種類の糖類が含まれています。
ここでは、ローヤルゼリーに含まれている糖類の中の「フルクトース」について説明します。

フルクトース

フルクトース(別名、果糖)は単糖類のひとつで、果物やハチミツなどに含まれており、ブドウ糖と結合してショ糖になります。
単糖類とは、それ以上、加水分解(水の作用で分子が分解する反応のこと)されない状態の糖類のことです。

フルクトースには、次のような効果があります。

疲労を回復し、スタミナを維持する

フルクトースは特殊な代謝をする成分で、摂取した量の10%はブドウ糖に変換されますが、90%は代謝されずにそのまま肝臓で代謝されて中性脂肪やコレステロールになります。
フルクトースは、肝臓で代謝される速度はブドウ糖より早いので、疲労回復に即効性があり、運動時や肉体疲労時の疲労回復に役に立ったり、スタミナを持続させたりします。

糖尿病の予防、改善

血糖値は、血液中のブドウ糖の濃度を測ります。
ブドウ糖に10%しか変換されないフルクトースを摂取しても、グルコースなどの他の糖類のように血糖値を上げる働きはありません。
ですので、フルクトースは、糖尿病の予防や改善に役に立ちます。
しかし、中性脂肪やコレステロールになるため肥満になりやすく、結果的に糖尿病の原因になってしまうことがあるので、過剰な摂取は避けましょう。

おわりに

ローヤルゼリーには、フルクトースの他に、グルコース、スクロース、オリゴ糖の4つの糖類が含まれています。
ローヤルゼリーには、疲労回復の効果や糖尿病を予防、維持する効果があり、フルクトースは、それらの効果に役に立っています。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related