ローヤルゼリーの産地 日本

日本は、安全性が高く品質もよいローヤルゼリーを生産しているところが多いですが、養蜂自体が盛んではないので、生産量が少なく高価なものが多いです。

ローヤルゼリーの消費量は世界一ですが、生産量は少ないので輸入に頼るしかありません。

かつて日本は、ローヤルゼリーの生産量は世界一を誇っていました。
しかし、高度経済成長期に土地が開発され、ミツバチが生息できる土地は少なくなりました。

また、ミツバチは農薬などの汚染物質に弱いので、土地が減った上に環境が悪化したため減ってしまいました。

ですので、現在の日本では蜂蜜やローヤルゼリーを採取できる環境はごく少ないです。
また、日本は四季があり、蜂は秋冬は活動をしないので、さらに生産量が少なくなります。
日本で養蜂を営む業者も少なくなり、国産のローヤルゼリーは希少なものとなっています。

日本産は、品質管理が厳しく行われているので、安全性が高いです。
また、輸送に時間がかからないため鮮度を保てる、という利点があるので、生ローヤルゼリーの場合は、特に国産のものは品質を保てます。

ただし、生産量が少ないので、外国産に比べて値段が高いものが多く、安定した供給が難しい場合があります。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related