ローヤルゼリーの成分 非必須アミノ酸 グルタミン

非必須アミノ酸とは、体内で合成できるアミノ酸のことです。
ここでは、ローヤルゼリーに含まれている非必須アミノ酸の中のグルタミンについて説明します。

グルタミン

グルタミンは、人間の身体の中に一番多く存在するアミノ酸です。

グルタミンは、筋肉の合成をするので筋肉を強化し、筋肉痛を軽減する働きがあります。

激しい運動をする、怪我をする、風邪をひく、など身体にストレスがかかると筋肉中のグルタミンが消費されます。
その際に、グルタミンが補給されないと筋肉が失われてしまいます。
ですので、グルタミンは筋肉を維持する働きがあります。

また、分解されるとエネルギー源として利用されるグリコーゲンの貯蔵を増やすので、疲労を回復する効果があります。

さらに、グルタミンは、腸のじゅう毛(腸管にある栄養を吸収する突起)の栄養源となり、新しいじゅう毛がつくられるのを促進することで、腸が栄養素を吸収する助けをします。

グルタミンには、その他にも以下のような効果があります

・基礎代謝を高めて脂肪を燃焼させる
・アルコールを分解する速度を遅くするNADHという物質を除去して二日酔いを予防する
・肝細胞の再生を促進するので、肝臓を守る

おわりに

ローヤルゼリーには、筋肉を強くする、疲労を回復する、肝臓を守る、二日酔いを予防、改善する、などの効果があり、グルタミンはその効果に貢献しています。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related