ローヤルゼリーによる体質・体調改善 血行促進について

ローヤルゼリーには、血行をよくする成分が多く含まれています。
血行不良を起こすと、身体の末端まで血液が行き届かなくなり、さまざまな病気を引き起こします。
ここでは、ローヤルゼリーによる体質・体調改善効果のひとつ、血行促進について説明します。

血行不良とは?

血行不良とは、言葉の通り、血液の流れが悪くなっている状態のことです。

血行不良の原因は?

血行不良の原因はいくつかあります。

・ストレスによる自律神経の乱れ
・冷え
・動脈硬化、高脂血症などによる血管の狭窄(きょうさく)
・低血圧
・赤血球・ヘモグロビンの減少

これらの原因により、血行が悪くなっていることが多いので、原因を改善することにより血行が促進されます。
ローヤルゼリーには豊富な栄養素が含まれているため、これら全ての原因からくる血行不良を改善する効果があります。

ローヤルゼリーに含まれている血行促進に効果のある成分

デセン酸

デセン酸は、ローヤルゼリーにしか含まれていない特別な成分で、女性ホルモンに似た働きをします。

デセン酸は、自律神経を整え、血管の収縮により血流が悪くなるのを防いで、血行を良くする働きがあります。
また、女性ホルモンの乱れも整えるので、女性ホルモンが乱れて、女性ホルモンが持つ血管拡張の作用が悪くなり、血行不良を起こすことを防ぐ働きもします。

アセチルコリン

アセチルコリンは、脳が出す指令を伝える速度を早くする作用がある神経伝達物質です。
アセチルコリンは、副交感神経を刺激して、血管を広げ発汗作用を促進するので、血行が良くなります。
また、自律神経のバランスを整えるので、血圧を調整し、低血圧を正常にする働きがあります。

パントテン酸

ビタミンB群のパントテン酸は、善玉コレステロールの合成を促進します。
善玉コレステロールは、血管の壁に張り付いて、血管を狭くする悪玉コレステロールを取り除くので、血行がよくなります。
さらに、パントテン酸は、血行を良くすることによって、血圧を下げる働きもあります。

アルギニン

非必須アミノ酸のアルギニンは、一酸化窒素の合成に必要です。
一酸化窒素は血管の拡張作用があり、アルギニンを摂取して一酸化窒素を合成すると、収縮していた血管が広がり血流がよくなるので、血行が促進されます。

イソロイシン

必須アミノ酸のイソロイシンは、筋肉の強化や肝機能の向上の効果がありますが、血管を拡張する働きもあるので、血行促進の効果があります。

ビタミンB12と葉酸

ビタミンB12は、葉酸をサポートして血液を作るので、貧血を防止し、血行不良を改善します。

おわりに

血行を悪くすると、血行不良により身体が冷えたり、血管が狭くなったりして、さらに血行が悪くなる、という悪い循環を起こします。
ですので、血行不良は早いうちに予防や改善をする必要があります。
また、血行が悪くなると、血行不良が原因で、肩こりや腰痛、冷え性、更年期障害の悪化、心筋梗塞や脳梗塞など、さまざまな病気を引き起こす場合もあり、最悪、命に関わることもあります。
ローヤルゼリーは、血行を良くする成分をたくさん含んでいるので、血行促進の効果が高いです。
血行を促進するには、ローヤルゼリーを摂取しつつ、軽い運動をしたり、十分な睡眠を取ることを心がけると、なお良いでしょう。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related