ローヤルゼリーの成分 ナイアシン(ビタミンB3)

ローヤルゼリーには、ビタミンが10種類含まれています。
ここでは、ローヤルゼリーに含まれているビタミンの中のナイアシン(ビタミンB3)について説明します。

ナイアシン(ビタミンB3)

ナイアシンには、次のような効果があります。

胃腸の不調を改善する

皮膚や粘膜の健康を維持する働きがあるので、胃腸の不調を改善する効果があります。
 

精神を安定させる

幸せホルモンとも呼ばれ、心のやすらぎや精神安定の効果があるセロトニンの材料となるので、不足すると鬱や精神が不安定になります。

性ホルモンの生成を助ける

性ホルモンの生成を助けて正常な発育を促進する働きがあります。

悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす

脂質の代謝をよくして、血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす働きがああるので、動脈硬化などの生活習慣病の予防、改善に効果があります。

二日酔いを予防する

アルコールの分解を助けたり、二日酔いの原因となるアセトアルデヒドの分解を助けたりする働きがあるので、二日酔いの予防、改善に効果があります。

肥満の予防

糖質や脂質をエネルギーに変えて脂肪を燃やす助けをするので、肥満の予防、改善の効果があります。

しわ、しみ、たるみを防ぐ

肌の代謝をよくして、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)を促進するので、しわ、しみ、たるみを予防改善する効果があります。

血行を促進する

毛細血管を広げて血行をよくする働きがあるので、冷え、肩こり、頭痛を予防、緩和します。
 

おわりに

ナイアシンは、ビタミンB群のひとつでビタミンB3ともいい、体内に最も多く存在するビタミンです。
ローヤルゼリーには、精神を安定させる、悪玉コレステロール値や中性脂肪値を下げる、肥満を予防する、しわやしみ、たるみを防ぐ、血行をよくする、などのさまざまな効果がありますが、ナイアシンはこれらの効果に貢献しています。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related