ローヤルゼリーの色、味、カロリーについて

ローヤルゼリーの名前は知っていても、見たことがない人は多いのではないでしょうか?
ローヤルゼリーは、蜂蜜と同じように蜂の巣から採れるので、黄金色をしているイメージがあるかもしれません。
では、実際のローヤルゼリーは、どんな色や味をしているのでしょうか?
また、健康食品のローヤルゼリーは、カロリーがどれくらいあるのでしょうか?
ここでは、ローヤルゼリーの色や味、カロリーについて紹介します。

ローヤルゼリーの色

蜂蜜は、黄金色をしていますが、ローヤルゼリーはうっすら黄色がかった乳白色をしています。

ローヤルゼリーの味

ローヤルゼリーは、甘い蜂蜜と違って酸味があります。
発酵したような独特の酸味で、その酸味は舌がピリっとするほどです。
また、糖分が1割しか含まれていないので、甘みはほとんどなく、人によっては渋みや苦味を感じる人もいます。

ローヤルゼリーの酸味の元は、ローヤルゼリーにしか存在しない「デセン酸」(10ヒドロキシデセン酸)の味ですが、この酸味が強ければ強いほど新鮮で品質が良いと言われています。
また、生ローヤルゼリーは、とても酸化しやすく、酸化すると味や匂いが薄くなります。

ローヤルゼリーは匂いも独特で、すっぱい匂いや、ほんのりミルクの匂いもしますが、それを臭いと感じる人もいるようです。

ローヤルゼリーのカロリー

ローヤルゼリーは、栄養価が高いのでカロリーも高いと思われがちですが、糖分がほとんど含まれていないので、カロリーは低く、1グラム(1000ミリグラム)当たり2キロカロリーです。

ローヤルゼリーの一日の摂取量の目安は、1200ミリグラムから2400ミリグラムくらいですので、摂取するカロリーは2.4~4.8キロカロリーくらいです。
ダイエットをしている人が摂取する場合でも影響はないでしょう。

ただし、調整ローヤルゼリーは、含まれているローヤルゼリーの量が全体の6分の1以上なので、ローヤルゼリー以外の成分が何かによってカロリーが変わります。
その他の成分に糖分が多いとカロリーが高くなりますが、健康食品なので高カロリーのものはほとんどありません。
調整ローヤルゼリーのカロリーが気になる人は、製品のパッケージや製品紹介のホームページで確認するといいでしょう。

ローヤルゼリーは、栄養価は高いですがカロリーは低いので、ダイエットをしている人には重宝する健康食品です。
まれに、ダイエット中にローヤルゼリーを飲んで体重が増える人がいますが、それはローヤルゼリーのカロリーのせいではなく、栄養が不足していた可能性があります。
ローヤルゼリーで健康に必要な栄養素を摂取したので、身体の働きが良くなって、いい意味で体重が増えたと考えられます。

おわりに

ローヤルゼリーは、パンやホットケーキに塗って美味しく食べることができる蜂蜜と違い、味も匂いもよくありません。
そのまま摂取するのが難しい人は、ヨーグルトやジャムに混ぜると食べやすくなります。
また、どうしても生で食べることができない人は、味や匂いがほとんどしない乾燥ローヤルゼリーや、調整ローヤルゼリーに変更するといいでしょう。
ローヤルゼリーは、栄養価が高く、多くの成分を含んでいるのでさまざまな効用があります。
疲れやすい人や身体を強くしたい人、健康に気を使う人はもちろんですが、カロリーが低いのでダイエット中の人にもお勧めします。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related