ローヤルゼリーの美容効果 育毛について

ローヤルゼリーは、健康食品や化粧品に多く使われていますが、育毛にも使われていることをご存じでしょうか? ローヤルゼリーは、たくさんの栄養素を含んでいて、その中には育毛効果が高いものがあります。
ここでは、ローヤルゼリーの美容効果のひとつ、育毛について紹介します。

ローヤルゼリーに含まれている育毛に効果のある成分

デセン酸(10ハイドロキシデセン酸)

デセン酸は、ローヤルゼリーにしか含まれていない成分のひとつで、女性ホルモンに似た働きをします。

デセン酸は、髪を黒くする「メラノサイト」という物質の分泌を促すので、白髪を減らす効果があります。
さらに、皮脂の分泌を整える作用があるので、皮脂が過剰に分泌されて毛穴に詰まり、炎症が起き、抜け毛の原因になるのを防ぎます。

また、女性は、産後のホルモンバランスの乱れや、ホルモンバランスの変化によって薄毛になることがあります。
デセン酸は、ホルモンバランスを整えて、薄毛を防ぎます。

アミノ酸

たんぱく質の一種で、髪の毛の成分の90%を占めるケラチンは、18種類のアミノ酸が体内で合成されて作られます。
ローヤルゼリーは、ケラチンを作るのに必要な18種類のアミノ酸を全て含んでいます。
ですので、ローヤルゼリーを摂取するとケラチンの生産量を増やし、育毛を促進します。

亜鉛

亜鉛は、細胞の分裂や再生に効果があり、体内でアミノ酸からケラチンを作るのに必要です。
亜鉛が不足すると、髪の生成が遅くなったり、抜け毛や切れ毛の原因になる場合があります。

ビタミンB群

ビタミンB群は、髪の毛の成長を司る毛乳頭細胞の働きを活発にし、ケラチンの働きを助けます。

ビタミンE

ビタミンEは、毛細血管を強化し、頭皮の血行をよくして、太く丈夫な髪を作る働きをします。

ミネラル

ミネラルは、代謝を促進し、たんぱく質の生成を助けて健康な髪を作る作用があります。
また、保湿効果があるので、髪の毛のパサつきを抑えます。

アピシン

アピシンは、ローヤルゼリーにだけ含まれている成分のひとつで、たんぱく質の一種です。

アピシンは、細胞の分裂速度を速め、新しい細胞を増やし活性化する働きがあるので、頭皮や髪の毛の環境を整えて白髪や抜け毛を防ぎます。

類パロチン

類パロチンは、ローヤルゼリーにだけ含まれている成分で、パロチンに似た働きをします。
パロチンは、唾液に含まれていて、別名若返りホルモンと言われ、常に細胞を若々しい状態に保ちます。

類パロチンは、細胞を常に若々しく保ち、血流をスムーズにして頭皮の健康を保つので、白髪を改善したり、育毛に役立ったりします。

ローヤルゼリーが育毛に効果がある理由

髪の毛の主な主成分であるケラチンを作るためには、体内で合成できない必須アミノ酸を含む18種類のアミノ酸が必要ですが、ローヤルゼリーには、この18種類のアミノ酸が全て含まれています。
また、アミノ酸、亜鉛、ビタミンB群は、どれかひとつが欠けても効果が十分に発揮できなくなりますが、ローヤルゼリーには、これらが全て揃っています。

薄毛は、ストレスや疲労、食生活の偏りでなることがあります。
ですので、抗酸化作用があり栄養が豊富なローヤルゼリーは、薄毛に効果が高いです。
その他にも、ホルモンバランスを整えたり、細胞の生成を活発にしたりする成分が、白髪を防止し、育毛を促進します。

このように、ローヤルゼリーは、頭皮の健康や育毛に必要な成分を全て含んでいるので、育毛効果が高いのです。

おわりに

健康な髪を作るには、まず髪の毛の元となるアミノ酸を摂取することが必要です。
また、髪だけではなく、頭皮を健康に保つことも大事です。
ローヤルゼリーは、頭皮や髪に必要な栄養素を全て含んでいるので、育毛に効果があります。
ですので、ローヤルゼリーが含まれた育毛剤も多く販売されています。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related