ローヤルゼリーの形状 生

目次

  1. ローヤルゼリーとは?
  2. ローヤルゼリーの形状・生
ローヤルゼリーには、さまざまな形状があります。
ここでは、ローヤルゼリーの形状の中の「生」について説明します。

ローヤルゼリーとは?

ローヤルゼリーは、若い働き蜂が女王蜂に与えるために花粉や蜜を食べて体内で分解、合成し、分泌した乳白色のクリーム状の物質です。
ローヤルゼリーの製品は、このクリーム状の物質をそのまま、もしくはさまざまな形に加工したものです。

ローヤルゼリーの形状・生

生ローヤルゼリーは、働き蜂が分泌したクリーム状(もしくは糊状)の物質を不純物をろ過しただけの状態で瓶に詰めたものです。

生ローヤルゼリーは、幼虫を人工王台(人工的に作られた女王蜂の部屋)に移してから72時間以内に採取されたものでなければならない、と(社)全国ローヤルゼリー公正取引協議会により定義されています。

生ローヤルゼリーは、生鮮食品なので品質管理が難しく、冷蔵もしくは冷凍保存しなければいけません。
ですので、価格も高めのものが多く、100グラム当たり3000円くらいから5000円くらいです。
ただし、国産のものは品質がよく、希少価値も高いので100グラム当たり20000円するものもあります。

生ローヤルゼリーは、独特の酸味や苦味、舌にビリっとくる刺激があり、苦手な人が多いです。
品質管理も難しいので、店頭ではあまり販売されていません。

しかし、天然のローヤルゼリーの栄養素を全て摂取できる、舌下で摂取すると吸収率が高い、添加物の心配がない、などのメリットもあるので、ローヤルゼリーの効果を一番求めたい人には生ローヤルゼリーがお勧めです。

おわりに

ローヤルゼリーには、生、錠剤、カプセル、フリーズドライ、ドリンク、キャンディー、化粧品などさまざまな形状があり、それぞれにメリット、デメリットがあります。
味や値段もさまざまなので、自分に合った製品を見つけましょう。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related