ローヤルゼリーの成分 非必須アミノ酸 チロシン

非必須アミノ酸とは、体内で合成できるアミノ酸のことです。
ここでは、ローヤルゼリーに含まれている非必須アミノ酸の中のチロシンについて説明します。

チロシン

チロシンは、脳の興奮や意欲に関わる伝達物質のドーパミンやアドレナリン、ノルアドレナリンの材料となります。
ですので、チロシンが十分に摂取されると集中力や、やる気が上がり、ストレスが改善されます。

また、鬱(うつ)状態の人は、脳内のチロシンの濃度が低下していることが判明しているので、チロシンは鬱の症状を改善する効果があります。

さらに、チロシンは、特に胎児や子供の成長を促す甲状腺ホルモンの材料にもなるので、子供の成長に必要な成分です。

その他にも、肌や髪の毛の色を作る働きがあるメラニン色素の材料になって、白髪を減らす働きがあります。

おわりに

ローヤルゼリーには、ストレスや鬱を改善する、成長を助ける、肌や髪を健康に保つ、などの効果があり、チロシンはそれらの効果に貢献しています。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related