ローヤルゼリーの形状 フリーズドライ

目次

  1. ローヤルゼリーとは?
  2. フリーズドライとは?
  3. フリーズドライのメリットとデメリット
  4. 価格
  5. フリーズドライをお勧めする人
ローヤルゼリーにはさまざまな形状があります。
ここでは、ローヤルゼリーの形状の中の「フリーズドライ」について説明します。

ローヤルゼリーとは?

ローヤルゼリーは、若い働き蜂が女王蜂に与えるために、花粉やハチミツを食べて体内で分解、合成した後、分泌した乳白色のクリーム状の物質です。
ローヤルゼリーの製品は、このクリーム状の物質をそのまま、もしくはさまざまな形に加工したものです。

フリーズドライとは?

フリーズドライとは、食品を凍結してから真空中で水分を一気に気化(液体や固体が直接気体に変わること)させる方法で、真空凍結乾燥法とも言います。
乾燥ローヤルゼリーは、生ローヤルゼリーを乾燥させて水分を90%飛ばしたものです。

フリーズドライのメリットとデメリット

ローヤルゼリーは、熱に弱く、真空凍結乾燥法が用いられるようになるまでは、ローヤルゼリーを粉末にするためには熱を加える熱風乾燥方法が用いられていたため、粉末にすると栄養素が壊れてしまい、効果が低くなっていました。

しかし、フリーズドライが用いられるようになってからは、ほとんどのメーカーはフリーズドライでローヤルゼリーを乾燥させるようになったため、乾燥ローヤルゼリーや乾燥ローヤルゼリーを原材料に作る調整ローヤルゼリーの効果が高くなり、ローヤルゼリーの栄養素をほとんど壊さずにカプセルや錠剤で摂取できるようになりました。

乾燥ローヤルゼリーの粉末は、生ローヤルゼリーに比べると、味や匂いが薄くなっていますが、カプセルや錠剤よりは味や匂いが残っています。
また、粉末が飲みにくい人は、粉末のままの乾燥ローヤルゼリーは摂取しにくいでしょう。

価格

乾燥ローヤルゼリーは、生ローヤルゼリーのような品質管理が必要ではないので、生ローヤルゼリーよりも安価なものが多く100グラム当たり2000円から3000円くらいのものが多いです。

フリーズドライをお勧めする人

フリーズドライで加工されたローヤルゼリー(乾燥ローヤルゼリー)は、生ローヤルゼリーの味や匂いが苦手な人にお勧めしますが、粉末が飲みづらい人は、飲み物や食べ物に混ぜて摂取するか、カプセルに入った乾燥ローヤルゼリーを摂取するといいでしょう。

おわりに

フリーズドライは、ローヤルゼリーは熱に弱いので乾燥させると効果が低くなる、というそれまでの乾燥ローヤルゼリーや調整ローヤルゼリーの欠点を克服しました。
生ローヤルゼリーの味や匂いが苦手な人は、乾燥ローヤルゼリーや調整ローヤルゼリーでストレスなく摂取することをお勧めします。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related