ローヤルゼリーを飲むタイミング

目次

  1. ローヤルゼリーはいつ飲めばいいのか
  2. ローヤルゼリーを飲むタイミング
    1. 起床後、朝食前
    2. 午後の疲れを感じた時
    3. 運動前後
    4. 就寝前
    5. 食後
    6. 一日2~3回に分ける
  3. 摂取を避けた方がいいタイミング
    1. タンニンを含む飲み物を飲む前後30分
  4. 一番大切なポイント
ローヤルゼリーは、健康食品なので飲む時間が指定されていません。
ここでは、ローヤルゼリーを飲むタイミングについて紹介します。

ローヤルゼリーはいつ飲めばいいのか

ローヤルゼリーは薬ではなく食品なので、薬事法(正式名称、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)により飲むタイミングを指定することはできません。

ローヤルゼリーは健康食品なので、いつ飲んでも構いませんが、効果がでやすいタイミングはあり、基本的には消化吸収のよい空腹時に摂取すると効果がでやすい、とされています。

しかし、空腹時に摂取すると胃腸の調子が悪くなる人もいます。
そのような人は食後に摂取するといいでしょう。

ローヤルゼリーを飲むタイミング

ローヤルゼリーの吸収率が高いのは空腹時ですが、その他にもお勧めのタイミングがあります。

起床後、朝食前

起床後の朝食前は、身体が最も栄養を欲している時なので、一番吸収率が高いと言われています。

午後の疲れを感じた時

人は一般的には、午後3~4時くらいに一番疲労を感じやすいと言われています。
ローヤルゼリーにはアミノ酸が豊富に含まれているので、疲労回復効果があります。

運動前後

ローヤルゼリーに含まれているアミノ酸は、筋肉の強化や保護、運動後の筋肉の回復、運動時の疲れを回復する効果があります。

就寝前

身体や肌は、就寝中に修復されるので、就寝前に摂取すると身体や肌の回復を助ける効果を高めます。

食後

食べ物と一緒に摂取すると、効率よく消化、吸収されます。
また、胃を痛める心配が少ない、飲み忘れをしにくい、というメリットがあります。

一日2~3回に分ける

ビタミンB群やCは水溶性なので、身体に蓄積されずに不要な分は尿と一緒に排出されてしまいます。
ビタミンの効果をより得たい場合は、必要な量を一日2~3回に分けて摂取するといいでしょう。

摂取を避けるべきタイミング

タンニンを含む飲み物を飲む前後30分

コーヒーや紅茶、お茶などのタンニンが含まれている飲み物を飲む場合、その前後30分は、ローヤルゼリーの摂取は避けましょう。

タンニン(ポリフェノールの一種)は、鉄と結合する性質があります。
タンニンが含まれている飲み物でローヤルゼリーを摂取すると、ローヤルゼリーに含まれている鉄分とタンニンが結合してタンニン鉄という物質になります。

鉄は、もともと吸収率が低い上に、タンニン鉄になると水に溶けにくくなって、腸で吸収されにくくなり、体外に排出されてしまいます。

起床後や食後にコーヒーや紅茶、お茶を飲みたい人は、食前、食後の摂取は避け、就寝前や運動前後などに摂取するといいでしょう。

一番大切なポイント

ローヤルゼリーは健康食品なので、薬のように即効性はありませんが、長く続けることで効果を発揮します。
ですので、一番大切なのは、毎日続けて摂取することです。

その人が続けやすいタイミングで摂取して、飲み忘れがないようにすることが大切です。

まとめ

ローヤルゼリーは薬ではなく健康食品なので、飲む時間の指定はなく、好きな時間に摂取できます。
ですが、より効果が高い摂取のタイミングは空腹時なので、空腹時に摂取しても胃腸の調子が悪くならない人は起床後や空腹時に摂取するといいでしょう。
また、胃腸が弱い人や食前や食後にタンニンの入った飲み物を摂取したい人は、就寝前や運動前後、午後の疲れた時などに摂取するといいでしょう。
ローヤルゼリーを摂取する際に、一番大事なのは、毎日続けることなので、飲み忘れがしにくく、続けやすいタイミングを選んで摂取するといいでしょう。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related