チュアブルタイプのローヤルゼリーのメリットとデメリットについて

みなさんは、「チュアブルタイプ」という言葉を聞いたことがありますか? 聞きなれない言葉ですが、錠剤のタイプを表す言葉で、ローヤルゼリーにもこのタイプがあります。
ここでは、チュアブルタイプのローヤルゼリーのメリットとデメリットを説明します。

チュアブルとは?

チュアブルとは、チュアブル錠のことで、別名「咀嚼錠」(そしゃくじょう)と呼ばれている錠剤のことです。
チュアブル錠は、口の中で?み砕いて飲むことができ、水を飲む必要がありません。

チュアブルタイプのローヤルゼリーのメリット

栄養素を壊しにくい

ローヤルゼリーは、胃酸に弱く、そのまま飲むと体内に吸収される前に、胃酸で栄養素が壊れてしまうことがあります。
その点、チュアブルタイプのローヤルゼリーは、口の中で噛み砕いて、口の粘膜から体内に栄養素が吸収されるので、栄養素を壊さず摂取することができ、効果が現れる時間も早いです。

水がいらない

チュアブルタイプのローヤルゼリーは、水なしで飲めるので、水を用意する手間がいりません。
いつでもどこでも飲めるので、外出先や仕事中でも忘れずに飲むことができます。

チュアブルタイプのローヤルゼリーのデメリット

製品が少ない

チュアブルタイプのローヤルゼリーは、あまり販売されていません。
インターネットでも、数種類しか販売れていないので、製品の選択の余地があまりありません。

値段に幅がある

チュアブルタイプのローヤルゼリーは、ローヤルゼリー100%のものから調整ローヤルゼリーのものまであるので、値段に差があります。
値段は、ローヤルゼリーの含有量によって差があり、含有量が多いほど高価です。

味や匂いが強い

チュアブルタイプのローヤルゼリーは、生ローヤルゼリーよりは味も匂いも薄いです。
しかし、錠剤としては、ほとんど味や匂いがしない乾燥ローヤルゼリーに比べると、ローヤルゼリー特有の酸味や舌にピリっとする刺激があります。
ただし、ローヤルゼリーの含有量や、何と配合されているかによって味や匂いは変わります。

飲み込むと効果がでない

普通の薬の場合は、チュアブルタイプの錠剤を間違って噛まずに飲み込んでしまっても、効果がでる時間が遅くなるだけですが、ローヤルゼリーの場合は、飲み込んでしまうと効果が少なくなります。

まとめ

チュアブルタイプのローヤルゼリーは、販売数が少ないので、製品の選択肢がほぼないのがデメリットです。
しかし、チュアブルタイプのローヤルゼリーは、ローヤルゼリーに含まれたたくさんの栄養素を、壊さないで体内に吸収できる、という大きなメリットがあります。
チュアブルタイプのローヤルゼリーは、最大限ローヤルゼリーの効果を期待したい人にお勧めします。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related