ローヤルゼリーを飲んだ方がいい人

目次

  1. 閉経前後の人や更年期障害の人
  2. 自律神経失調症の人
  3. 糖尿病の人、糖尿病が気になる人
  4. コレステロール値が高い人
  5. アンチエイジングを期待する人
  6. 鬱(うつ)や強迫神経症、不安感がある人
  7. 冷え性や肩こりがある人
  8. 身体が疲れている人、虚弱体質の人
ローヤルゼリーには40種類以上の栄養素や特別な成分が含まれており、たくさんの効果があります。
ここでは、ローヤルゼリーを飲んだ方がいい人はどんな人で、どのような効果があるかを説明します。

閉経前後の人や更年期障害の人

女性は、閉経が近くなると女性ホルモンが減少し、更年期障害と呼ばれるさまざまな体の不調が起きる場合があります。

ローヤルゼリーに含まれている特別な成分のデセン酸は、女性ホルモンに似た働きがあり、減少した女性ホルモンの代わりに働いて、ホルモンバランスの乱れを整えます。

また、更年期障害は、女性ホルモンの減少によって自律神経(循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整する神経で、活動時に働く交感神経と休憩時に働く副交感神経があります)が乱れることが原因で起きますが、デセン酸は、間脳の視床下部(自律神経を司るところで、ししょうかぶと読みます)に働きかけて、自律神経の乱れを整える働きもあります。

〇その他にも更年期障害の予防、改善に効果がある以下のような成分が含まれています。

・アセチルコリン・・・自律神経の乱れを整える
・トリプトファン、カルシウム、マグネシウム、ビタミンB6、12、葉酸・・・精神を安定させる働きを助ける
・アルギニン、パントテン酸、アデノシン・・・冷えや肩こりを改善する
・ナイアシン・・・胃腸障害を改善する

自律神経失調症の人

自律神経失調症は、過度のストレスやホルモンバランスの乱れが原因で、自律神経のバランスが乱れて身体に不快な症状が起きる状態です。

ローヤルゼリーに含まれているデセン酸は、間脳の視床下部に働きかけて自律神経の乱れを整えたり、ホルモンバランスの乱れを整えたりします。

また、アセチルコリンやγ‐アミノ酪酸(ガンマ‐あみのらくさん、GABAとも言います)もデセン酸と同じように自律神経の乱れを整えます。

〇その他の自律神経失調症に効果がある成分
・ビタミンB1・2・6・12・葉酸、パントテン酸、亜鉛・・・ストレス軽減
・マグネシウムやカルシウム・・・精神を安定させる

糖尿病の人、糖尿病が気になる人

糖尿病は、体内のインスリンが不足したり、上手く作用しなくなったりして血液中のブドウ糖(血糖)が有効に使われずに血糖値が高くなる病気です。

ローヤルゼリーに含まれているデセン酸は、インスリンと似た作用があり、糖の代謝(外部から取り入れた栄養素をエネルギーに変えたり、消費したりすること)を助けて血糖値が上がるのを防ぐ働きがあります。

〇その他の糖尿病に効果がある成分
・マグネシウム・・・インスリンがブドウ糖を細胞内に取り入れる時に必要な物質
・ビタミンB1・2・6・・・血糖値が上がるのを防ぐ

コレステロール値が高い人

血液中のコレステロール値が高いと、血液中の悪玉コレステロールが血管の壁に取り付いて血管の壁を狭くし、血液の流れを悪くしたり血管の弾力を奪って血管を固くしたりして、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞、高血圧、などのさまざまな病気の原因になります。

ローヤルゼリーに含まれているデセン酸とパントテン酸は、悪玉コレステロールを肝臓に運ぶ働きがある善玉コレステロールの合成を促進する働きがあります。

また、イノシトールやメチオニン、タウリンも血中コレステロール値を下げる働きがあります。

〇その他のコレステロール値の改善に効果がある成分
・アピシン・・・コレステロールが血液中に留まらないようにする
・アセチルコリン、γ‐アミノ酪酸・・・血圧を下げて高血圧を防ぐ
・メチオニン・・・脂肪肝を予防する

アンチエイジングを期待する人

ローヤルゼリーにしか含まれていない特別な成分の類パロチンは、若返りホルモンと呼ばれるパロチンと似た働きがあり、シミやしわを防ぎ、肌や髪の発育を助ける働きがあります。

デセン酸も髪の毛や肌の老化を防止する働きがあり、同じくローヤルゼリーにしか含まれていない特別な成分のアピシンは、肌の生まれ変わりを促進し、若々しい肌を保つ効果があります。

また、アルギニンもしわ、たるみを防止して肌のはりや弾力を保つ働きがあります。

ローヤルゼリーにしか含まれていない特別な成分には、アンチエイジングの効果があるものが多いです。

鬱(うつ)や強迫神経症、不安感がある人

デセン酸は、自律神経の乱れを整えるので、自律神経の乱れが原因の強迫観念を改善する働きがあります。

また、トリプトファン・ビタミンB6・12・葉酸・鉄・亜鉛・マグネシウム・カルシウムは、安心感を増して、強迫観念の軽減に役に立ちます。

さらに、メチオニンやビオチンは、強迫神経症の人の脳に多いヒスタミンの分泌を減らす働きがあります。

冷え性や肩こりがある人

デセン酸やアセチルコリンは、自律神経の乱れを整えて、血管が収縮して血液の流れが悪くなって起こる冷えや肩こりを防ぐ働きがあります。

パントテン酸やアルギニンは血液中の中性脂肪を取り除き、血液が身体に行き渡るようにして冷えや肩こりを防ぎます。

〇その他の冷え性や肩こりに効果がある成分
・ロイシン、グルタミン・・・筋力を強化して肩こりを緩和する
・ビタミンB1・6・12・・・筋肉の疲れを取って肩こりを緩和する
・カルシウム・・・筋肉の緊張をほぐして肩こりを緩和する

身体が疲れている人、虚弱体質の人

ローヤルゼリーは5大栄養素(たんぱく質、炭水化物、ビタミン、ミネラル、脂質)をすべて含んでおり、健康を維持するために必要な栄養を豊富に含んだ食品、食事であることを指す「完全食」と言われています。

また、ローヤルゼリーにしか含まれていない特別な成分のデセン酸や類パロチン、アピシン、ビオプテリン(自然界ではローヤルゼリーにしか含まれていません)は、直接身体に栄養を補給する働きはありませんが、さまざまな病気の予防や、身体を総合的に健康にするための大切な働きをします。

おわりに

ローヤルゼリーは、その他にもがんや腎臓病、肝臓病、腎臓病、耳鳴り、骨粗しょう症、口内炎、ED、不妊、不眠、二日酔い、免疫力のアップ、筋肉増強などにも効果があります。
ローヤルゼリーは薬ではなく健康食品なので、即効性はありませんが、毎日摂取し続けることで効果を得ることができます。
ただし、効果の程度は人によって異なります。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related