ローヤルゼリーの形状 錠剤

目次

  1. ローヤルゼリーとは?
  2. 錠剤とは?
  3. ローヤルゼリーの錠剤の特徴
  4. 錠剤のメリットとデメリット
  5. 価格
  6. 錠剤をお勧めする人
ローヤルゼリーには、さまざまな形状があります。
ここでは、ローヤルゼリーの形状の中の「錠剤」について説明します。

ローヤルゼリーとは?

ローヤルゼリーは、若い働き蜂が女王蜂に与えるために、花粉やハチミツを食べて、体内で分解、合成し、分泌した乳白色でクリーム状の物質です。
ローヤルゼリーの製品は、このクリーム状の物質を、そのまま、もしくはさまざまな形に加工したものです。

錠剤とは?

錠剤とは、材料を平たい、あるいは丸い形に圧縮して服用しやすくした薬などの形です。
錠剤には、さらに飲みやすいように、外側を砂糖で包んだ糖衣錠や、口の中で噛み砕いて食べるチュアブルタイプもあります。

ローヤルゼリーの錠剤の特徴

調整ローヤルゼリーは、生ローヤルゼリーか乾燥ローヤルゼリーのどちらかを原料に、副材料と添加物を加えて、錠剤かカプセルに詰めた製品です。
乾燥ローヤルゼリーに錠剤はないので、ローヤルゼリーの製品の中で錠剤タイプは全て調整ローヤルゼリーです。

調整ローヤルゼリーは、全体の6分の1以上のローヤルゼリーを含むことが(社)全国ローヤルゼリー公正取引委員会によって定められているので、製品によってローヤルゼリーの含有量や他の成分が異なります。

錠剤のメリットとデメリット

調整ローヤルゼリーは、錠剤や糖衣錠、カプセルなので味や匂いがほとんどしません。
また、ローヤルゼリー以外の成分が配合されているので、ローヤルゼリーにはない効果も一緒に得ることができます。

その上、保存や携帯がしやすく、値段も生ローヤルゼリーや乾燥ローヤルゼリーに比べると安価なものが多いので、続けて摂取しやすいです。

しかし、調整ローヤルゼリーは、配合されたローヤルゼリーの含有量や、一緒に配合された他の成分によって効果が異なるので、購入の際はよく確かめることが必要です。

価格

調整ローヤルゼリーの価格は、100グラム当たり1000円くらいのものから、8000円くらいのものまで幅があります。

錠剤をお勧めする人

錠剤は、保管や持ち運びが手軽なので、外出が多い人や仕事先で摂取したい人にお勧めです。
また、高価な生ローヤルゼリーや乾燥ローヤルゼリーは敷居が高い、と思う人やとりあえず手軽に試してみたい人、飲みにくいサプリメントが苦手な人にもお勧めです。

おわりに

ローヤルゼリーには、生、錠剤、カプセル、フリーズドライ、ドリンク、キャンディー、化粧品、とさまざまな形状があり、それぞれに特徴があります。
錠剤は、生ローヤルゼリーのような匂いや味がないため飲みやすく、安価なものが多いので続けやすいのが一番のメリットです。
調整ローヤルゼリーは製品によってローヤルゼリーの含有量が異なるので、製品によってはローヤルゼリーの効果が低いものもあります。
ですので、購入の際はよく確認しましょう。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related