ローヤルゼリーの成分 ミネラル カルシウム

ローヤルゼリーには、8種類のミネラルが含まれています。
ここでは、ローヤルゼリーに含まれているミネラルの中の「カルシウム」について説明します。

カルシウム

カルシウムには次のような効果があります。

骨や歯をつくる

カルシウムは、骨や歯をつくる主な成分で、特に骨の強さを保つ働きをしています。
また、カルシウムが不足した時に、血液中に溶けだして不足を補えるようにカルシウムを骨に貯蔵しています。

骨粗しょう症や動脈硬化を予防する

カルシウムが不足すると、骨からカルシウムが溶け出して骨がスカスカになる骨粗しょう症になる可能性が高くなります。
また、カルシウム不足が長く続くと、血液に溶けだしたカルシウムが血管の壁に溜まってしまい、血管が細くなったり固くなったりして動脈硬化の原因となる場合があります。
ですので、カルシウムが不足しないように摂取することによって、骨粗しょう症や動脈硬化のリスクを減らすことができます。

精神を安定させ、ストレスを軽減する

カルシウムとマグネシウムは、神経や筋肉をリラックスさせる働きがあるので、自然の精神安定剤と呼ばれ、ストレスを軽減する効果があります。

カルシウムとマグネシウムは、お互いにサポートをする効果があるので、両方を摂取すると効果が高くなります。
その場合は、カルシウム2に対してマグネシウム1の割合で摂取するとより効果が高くなります。

身体の機能を正常に保つ

カルシウムは、生命活動に欠かせない成分で、身体のいろいろな機能を調節する働きがあり、神経の働きにも関わっています。
神経の働きが正常だと、ホルモンのバランスの乱れが整います。

出血を防ぐ

カルシウムは、血液を固めて出血を防ぐ働きがあります。

おわりに

カルシウムの99%は骨や歯に存在していますが、残りの1%もさまざまな働きをしています。
カルシウムには、骨や歯を丈夫にする以外にも、精神の安定や身体の機能を整える、出血を防ぐなどの働きがあります。
ローヤルゼリーには、骨粗しょう症や動脈硬化の予防や改善、精神の安定、ストレスを軽減する効果がありますが、カルシウムはこれらの効果に貢献しています。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related