ローヤルゼリーの成分 必須アミノ酸 トリプトファン

必須アミノ酸とは、体内で合成できないので、食事から摂取する必要があるアミノ酸のことです。
ここでは、ローヤルゼリーに含まれている必須アミノ酸の中のトリプトファンについて説明します。

トリプトファン

トリプトファンには以下のような働きがあります。

鬱(うつ)や不安感を予防、改善する

トリプトファンは、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの材料となります。

セロトニンは、神経伝達物質のひとつで、心身の安定や心のやすらぎに大きく関わります。
トリプトファンを摂取するとセロトニンが多く作られるので、不安感や鬱を改善したり、ストレスを軽減したりします。

不眠を予防、改善する

また、セロトニンは、メラトニンの材料となり、体内時計を調整し、決まった時間に眠くなるようにするので、不眠を改善します。
メラトニンは別名、睡眠ホルモンと呼ばれていて、不眠の予防や改善に非常に大切な成分です。

メラトニンもセロトニンも安眠に欠かせない成分ですが、どちらもトリプトファンがないと合成できないので、トリプトファンは、不眠の予防や改善に必要な物質です。

月経前症候群を改善する

トリプトファンを摂取して、セロトニンが多く作られ、セロトニンの濃度が高くなると、鎮痛作用が働いて月経前症候群(別名をPMSといい、生理前に起こるイライラ、腹痛、眠気、頭痛などの身体の不調のこと)を改善する効果があります。

学習能力を向上させる

トリプトファンは、やる気を出したり、気分を高揚させたりする働きがあるドーパミンやノルアドレナリンの材料となるので、トリプトファンを摂取すると集中力や記憶力が高まり、学習能力が上がります。

コレステロール値や中性脂肪を減らす

トリプトファンは、ナイアシンの材料となります。
ナイアシンは、脂質の代謝(外部から取り入れた栄養素をエネルギーに変えたり、消費したりすること)をよくして血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす働きがあります。

おわりに

トリプトファンの効果のひとつの精神の安定効果は、鬱や不安感を予防、改善します。
ローヤルゼリーには、鬱や不安感の予防、改善の効果があり、トリプトファンはその効果におおいに役立っています。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related