デセン酸の濃度でローヤルゼリーの品質を見分ける

目次

  1. デセン酸とは?
    1. デセン酸の効果
  2. デセン酸の濃度の計算方法
  3. ローヤルゼリーの品質の見分け方
ローヤルゼリーの品質の見分け方のポイントのひとつは、デセン酸の濃度です。
ここでは、ローヤルゼリーに含まれているデセン酸の濃度でローヤルゼリーの品質を見分ける方法について説明します。

デセン酸とは?

デセン酸は、正式な名称を「10ヒドロキシデセン酸」といい、ローヤルゼリーにしか含まれていない特別な成分で脂肪酸の一種です。

デセン酸の効果

デセン酸には、たくさんの効果があります。

〇女性ホルモンに似た働きをして、更年期障害を予防、改善する
〇インスリン(血糖値を下げる働きがあるホルモン)に似た働きをして糖尿病を予防、改善する
〇血中のコレステロール値を整えて、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞、などを予防、改善する

これらをはじめ、がんや腎臓病、肝臓病、脂質異常症、鬱(うつ)、強迫神経症などさまざまな病気に効果がある成分です。

これらの効果は、製品の中のデセン酸の濃度が高いほど高いので、一般的に、デセン酸濃度が高いローヤルゼリーほど品質がよい、とされています。

デセン酸の濃度の計算方法

(1)製品の種類ごとのデセン酸の濃度

デセン酸の濃度は、(社)全国ローヤルゼリー公正取引協議会でローヤルゼリーの種類によって決められています。

〇生ローヤルゼリー   全体の1.40%以上
〇乾燥ローヤルゼリー  全体の3.50%以上
〇調整ローヤルゼリー  全体の0.18%以上

以上の数値に満たないものは、(社)全国ローヤルゼリー公正取引協議会の検査をパスできず、品質の保証マークである公正マークを配布してもらえません。

(2)デセン酸濃度の計算式
製品の中には、デセン酸の濃度を表示せずに、含有量で表示しているものがあります。
しかし、乾燥ローヤルゼリーや調整ローヤルゼリーは、錠剤やカプセルがほとんどなので、量を表示されてもわかりにくい場合が多いです。

そのような場合には、おおよそのデセン酸の濃度を計算で出すことができます。

・計算式 1カプセル(錠剤)中のデセン酸量「mg」÷1カプセルの全体の容量「mg」×100

例えば、1カプセル1000ミリグラムのローヤルゼリーにデセン酸が3ミリグラム含まれていたら、そのカプセルのデセン酸濃度は、3÷1000×100=0.3 なので、0.3%です。

(3)デセン酸の濃度で注意するケース
生ローヤルゼリーや乾燥ローヤルゼリーは、ローヤルゼリー以外のものが入っていないので、デセン酸濃度も簡単に出すことができます。

しかし、調整ローヤルゼリーは、ローヤルゼリーは全体の6分の1以上入っていればよいので、製品によっては、副材料が多く含まれているものもあり、表示の仕方もさまざまです。

例えば、1カプセルの重量が1410ミリグラムの調整ローヤルゼリーで、表示が、ローヤルゼリーパウダー(デセン酸6%)を83.4 mg使用、デセン酸量5ミリグラム、とあった場合のデセン酸濃度の調べ方を紹介します。

この調整ローヤルゼリーの場合は、いろいろ書いてありますが、デセン酸濃度はそのカプセルの重量と含まれているデセン酸の量しか必要ないので、デセン酸濃度は、5÷1410×100=0.35で、0.35%です。

つまり、この調整ローヤルゼリーは、デセン酸濃度6%のローヤルゼリーパウダーを使っているが、副材料が多いので、実際のデセン酸濃度は、0.35%しかない、ということです。

このように、デセン酸含有量をわかりにくく表示してあるものほど、計算すると濃度が低いことがあります。
しかし、信頼のおけるメーカーはきちんと表示しているので、購入の際はしっかり確認する必要があります。

ローヤルゼリーの品質の見分け方

ローヤルゼリーの品質はデセン酸濃度が高いほど良い、とされていて、一般的には5%を超えると高品質と言われています。
また、(社)全国ローヤルゼリー公正取引協議会の認定(公正マーク)を受けているものは、基準が守られているので、安心できます。

品質のよいローヤルゼリーを選ぶポイントは、デセン酸濃度の高さと公正マークの有無です。
また、絶対ではありませんが、ローヤルゼリーの含有量が多いものは、デセン酸の濃度も高く、値段も比例して高いものが多いです。
ただし、ローヤルゼリーの含有量が多くてもデセン酸濃度の表示がない場合や、デセン酸濃度が高くても産地や製造方法などが不明な場合もあるので、パッケージや製品紹介のホームページでよく確認することをお勧めします。

また、乾燥ローヤルゼリーや調整ローヤルゼリーは、錠剤やカプセルを使用するために、粉を固める結合剤や、材料が機械に詰まらないようにする滑剤などの添加物が使用されています。
しかし、メーカーによっては、それらの成分は天然由来のものを使用しているところもあるので、どうしても添加物が気になる人は、無添加のローヤルゼリーを購入するといいでしょう。

まとめ

ローヤルゼリーの品質は、デセン酸濃度が高いものほど良いとされていて、デセン酸濃度が5%以上のものが高品質とされています。
デセン酸が濃度ではなく含有量で表示してある場合は、計算式を使って濃度を割り出すとわかりやすいです。
製品の中にはローヤルゼリーの含有量は多くてもデセン酸の濃度の表示がないものもあるので、パッケージや製品紹介のホームページで確認することをお勧めします。
また、(社)全国ローヤルゼリー公正取引協議会の認定(公正マーク)があるものを選びましょう。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related