ローヤルゼリーの成分 必須アミノ酸 フェニルアラニン

必須アミノ酸とは、体内で合成できないので、食事から摂取する必要があるアミノ酸のことです。
ここでは、ローヤルゼリーに含まれている必須アミノ酸の中のフェニルアラニンについて説明します。

フェニルアラニン

フェニルアラニンは、脳の神経細胞間の情報を伝達する神経伝達物質です。

フェニルアラニンは、昼間や活動中に働く交感神経を活発にするノルアドレナリンや、やる気、学習能力、運動能力などの機能をつかさどるドーパミンの原料となるので、気分の落ち込みを緩和したり、精神を高揚させる働きがあります。

また、フェニルアラニンには、鎮痛効果がありますが、依存性や毒性がなく、しかも長期間使用するとより効果を発揮するという特性があるので、慢性的な神経痛、腰痛、頭痛、関節痛などの痛みに効果があります。
しかも、一般的な鎮痛剤が効かない人にも効果がある場合が多いとされています。

さらに、白斑(皮膚の色の一部が抜け落ちる病気)の治療にも効果があります。

おわりに

必須アミノ酸は全部で9種類ありますが、ローヤルゼリーには全て含まれています。
ローヤルゼリーは、デセン酸、アセチルコリン、トリプトファン、ビタミンB群、γ‐アミノ酪酸、など鬱(うつ)や不安感を予防、改善する効果が多く含まれていますが、フェニルアラニンもそのひとつです。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related