ローヤルゼリーによる体質・体調改善 健康維持について

目次

  1. ローヤルゼリーに含まれる健康維持に効果的な成分
    1. 筋肉をつけて丈夫な体にする成分
    2. 生活習慣病を予防する成分
    3. 免疫力を上げる成分
    4. 血液を作る成分
ローヤルゼリーは、40種類以上の栄養素を含んでいるので、さまざまな身体の不調を改善し、健康維持に役立ちます。
ここでは、ローヤルゼリーによる体質・体調改善効果のひとつ、健康維持について紹介します。

ローヤルゼリーには、健康維持に役立つ成分が多く含まれています。
ここでは、その成分の効果を大きく4つに分けて紹介します。

ローヤルゼリーに含まれる健康維持に効果的な成分

筋肉をつけて丈夫な体にする成分

ローヤルゼリーに含まれているたんぱく質やアミノ酸には、筋肉をつけて丈夫な体にする効果があります。

たんぱく質

5大栄養素(たんぱく質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラル)のひとつであるたんぱく質は、筋肉や臓器を始めとする身体を作る材料となる物質で、身体のエネルギー源でもある大事な成分です。

ローヤルゼリーは、たんぱく質を全体の約12~15%含んでいて、その中には、ローヤルゼリーにしか含まれていない特有の成分のアピシン、ロイヤリシン が含まれています。

〇アピシン
アピシンは、細胞分裂の速度を速め、細胞の減少を防ぎ、細胞を長生きさせる働きがあります。
女王蜂が働き蜂より身体が大きく、寿命が長いのは、アピシンの効果が大きい、という研究が発表されています。
人間の細胞でもアピシンを加えると、細胞の増える速度が速くなったという研究結果がでているので、身体の成長や生命の維持に大きく役立っています。

〇ロイヤリシン
ロイヤリシンは、抗菌作用があり、菌によっては抗生物質のような働きをするので、細菌から身体を守ります。

アミノ酸

必須アミノ酸の、バリン、ロイシン、イソロイシンは、BCAA(Branched Chain Amino Acidsの略)と呼ばれていて、筋肉の生成に関わっています。

〇バリン
バリンは、筋肉のエネルギー源となり、筋肉を修復する働きがあります。

〇ロイシン
ロイシンは、筋肉のエネルギー源となり、筋肉を強化する働きがあります。

〇イソロイシン
イソロイシンは、筋肉の疲労回復に大きな効果があります。

バリン、ロイシンは、筋肉のエネルギー源となり、筋肉を修復したり、強化したりします。
イソロイシンは、筋肉の疲労回復に大きな効果があります。
バリン、ロイシン、イソロイシンは、運動時の筋肉のエネルギー源となり、筋肉作りに大きく関わっているので、健康な身体を作るのに役立っています。

〇グルタミン
非必須アミノ酸のグルタミンは、たんぱく質の合成を助ける働きがあります。
さらに、グルタミンは、筋肉の強化や筋肉の疲労を回復する、胃腸の働きを良くする、アルコールの代謝を良くする、などの色々な効果があります。

グルタミンは、食物に含まれていますが、熱に非常に弱いので、サプリメントで摂取することを進められている成分です。

生活習慣病を予防する成分

ローヤルゼリーには、生活習慣病を予防する成分が多く含まれています。

デセン酸

デセン酸は、ローヤルゼリーにしか含まれていない特別な成分のひとつで、女性ホルモンに似た働きを持っていますが、その他にもいろいろな作用があります。

デセン酸は、インシュリンに似た働きもするので、血糖値を下げ、糖尿病を予防する効果があります。
また、血中コレステロールをさげるので、動脈硬化、心筋梗塞、高脂血症を予防します。
さらに、デセン酸は、細胞を活性化させ、新陳代謝を高めるので肥満予防の効果もあります。

アセチルコリン

神経伝達物質のアセチルコリンは、自律神経を整え、緊張を緩めるので、高血圧を予防します。

パントテン酸

パントテン酸は、ビタミンB群のひとつで、血管のコレステロールを取り除き、血液の流れをよくさうる働きがあるので、動脈硬化や高血圧の予防や改善に効果があります。

免疫力を上げる成分

デセン酸

デセン酸は、生活習慣病を予防する効果だけではなく、抗菌、殺菌作用もあり、身体に侵入したウィルスを食い止め、免疫力を高める効果があります。

パントテン酸

パントテン酸も、生活習慣病を予防する効果だけではなく、デセン酸に似た作用があり、ウィルスや細菌に対する免疫力を高めます。

ペプチド

たんぱく質が、酵素で分解され、2個以上のアミノ酸が結合した状態になったものをペプチド、と言います。
ローヤルゼリーに含まれるたんぱく質を酵素で分解して作られるペプチドには、強い抗酸化作用があることがわかりました。
このローヤルゼリーのペプチドは細胞を活性化させたり、細胞死を防いで細胞の生存率を上げたりする働きがあることが実験で確認されています。
このペプチドの構造は解明されていますが、抗酸化作用をもたらすメカニズムはまだわかっていません。
抗酸化作用が強いと、体内の活性酸素が減って免疫力が向上します。
また、老化を防ぎ、がんや生活習慣病も予防する効果があります。

血液を作る成分

ローヤルゼリーには血液を作る成分も含まれています。
ビタミンB12と、ビタミンB群の一種の葉酸は、協力して血液を作るので、貧血を予防し、動悸、息切れ、めまい、全身の倦怠感などを予防します。

おわりに

このように、ローヤルゼリーは、筋肉を強くし、血管を丈夫にし、免疫力をつけ、さまざまな病気を予防するので身体を総合的に強くします。
また、アピシン、ロイヤラクチン、ロイヤリシンの3つの成分は、ローヤルゼリーにしか含まれていないので、ローヤルゼリーを摂取する以外に効果を得ることはできません。
ですので、ローヤルゼリーは、健康維持を心がけたい人にお勧めの健康食品です。
また、ローヤルゼリーを飲むだけではなく、軽い運動や適度な睡眠を心がけるとより、効果が上がるでしょう。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related