ローヤルゼリーによる病気の予防、改善の効果 不眠について

目次

  1. 不眠とは?
  2. 不眠の原因
  3. 不眠の予防に効果があるローヤルゼリーの成分
ローヤルゼリーには、不眠を予防、改善する効果があります。
ここでは、ローヤルゼリーのどんな成分が不眠の予防、改善に効果があるのかを説明します。

不眠とは?

不眠とは、なかなか入眠できない、寝てもすぐに起きる、夜中に何度も目が覚める、眠りが浅くて寝た気がしない、などの症状が続き、日中に眠気がしたり注意力が散漫になったりして、疲れ、体調不良などが起きる状態です。

不眠の原因

・ストレスや鬱による自律神経の乱れ
・病気...頻尿、身体の痛み、痒みなど
・環境...時差、枕が変わる、暑さ、明るさなど
・生活リズムの乱れ...昼夜逆転、不規則な生活
・薬や刺激物の影響...薬の副作用、アルコール、ニコチン、カフェインなどの影響
・加齢...加齢により睡眠の質が低下したり、頻尿が起きたりするため

不眠は、上記の原因がひとつ、もしくは複数重なって起きます。
日本人の5人に1人は不眠と言われており、年を取るにつれて不眠の人の割合は増えています。

ローヤルゼリーは、不眠を予防、改善する効果がある成分を含んでいます。

不眠の予防に効果があるローヤルゼリーの成分

デセン酸

デセン酸は、ローヤルゼリーにしか含まれていない特別な成分のひとつで、さまざまな効果があります。

デセン酸は、間脳の視床下部(自律神経の調節を行うところで「ししょうかぶ」と読みます)に働きかけ、自律神経の乱れを整える働きがあります。

自律神経には、昼間や活動中に働く交感神経と夜間や休憩時に働く副交感神経の2つがあり、バランスよく働くことが大事です。

デセン酸は、副交感神経を優位にして心身をリラックスさせ、ストレスを軽減したり寝つきをよくしたりする働きがあります。

アセチルコリン

アセチルコリンは、神経細胞間の情報の伝達速度を早くする伝達物質で、デセン酸と同じく間脳に働きかけて、自律神経の乱れを整える働きがあります。
アセチルコリンは、特に副交感神経を優位にする働きがあり、心身をリラックスさせるので不眠の予防や改善に効果があります。

トリプトファン

必須アミノ酸のトリプトファンは、セロトニンとメラトニンの合成に大きく関わっています。

神経ホルモンの一種のメラトニンは、副交感神経を優位にして身体を覚醒から睡眠へと切り替える働きがあります。
メラトニンは、睡眠ホルモンとも呼ばれており、不眠の予防や改善に非常に大切な成分のひとつです。

メラトニンは、神経伝達物質のセロトニンを材料に作られます。
メラトニンの材料となるセロトニンは、幸せホルモンといわれ、心身の安定や心の安らぎに大きな影響を与えるので寝つきをよくします。
また、セロトニンは、体内時計を整えて同じ時間に脳が働くようにします。
そうすると同じ時間にメラトニンが働くようになるので、不眠の解消に繋がります。

セロトニンは、トリプトファンを材料に作られるので、トリプトファンが不足すると、メラトニンもセロトニンも合成できません。

メラトニンもセロトニンも安眠にかかせない物質ですが、どちらもトリプトファンがないと合成できないので、トリプトファンは、不眠の予防や改善に必要な物質です。

γ‐アミノ酪酸(GABA)

非必須アミノ酸のγ‐アミノ酪酸(ガンマ‐アミノ酪酸)は、脳内の働きを抑制し、イライラを抑えてリラックスさせ、眠りにつきやすくする働きがあります。

不眠の原因となる身体の痒みのひとつに「むずむず脚症候群」があります。
「むずむず脚症候群」とは、夕方から夜になると、脚がムズムズ、チクチクする、気持ち悪くてじっとするのがつらい、などの症状が出ることです。

むずむず脚症候群になる原因のひとつに、神経伝達物質のドーパミンの機能低下が考えられています。
ミネラルのひとつの鉄は、ドーパミンの合成物質に欠かせない成分で、鉄が不足するとドーパミンが不足して、むずむず脚症候群が起こりやすいと言われています。

カルシウム、マグネシウム

不眠症になると、眠れないのでイライラする、イライラするのでさらに眠れない、という悪循環になりやすいです。
ミネラルのひとつのカルシウムとマグネシウムは、神経や筋肉をリラックスさせて入眠しやすくする働きがあります。

カルシウムとマグネシウムは、お互いをサポートする効果があり、カルシウム2に対してマグネシウム1の割合で摂取すると効果が高くなります。

亜鉛

ミネラルのひとつの亜鉛は、深い眠りのノンレム睡眠の時間を長くする効果があります。
さらにこの効果は、天然の色素のアスタキサンチンと同時に摂取すると、より高くなることも実験で判明しています。

ビタミンB12

ビタミンB12は、メラトニンの分泌量を調整し、睡眠のリズムを整える働きがあります。

また、ビタミンB12は、神経を安定させて気分を落ち着かせ、体内時計を整えて決まった時間に眠くなるよう働きかける作用があるので、不眠の予防や改善に効果があります。

ビタミンB6

ビタミンB6は、安眠にかかせない成分のセロトニンを合成する材料のひとつで、トリプトファンと一緒に合成されてセロトニンを作ります。

また、ビタミンB6は、安眠効果が高いγ‐アミノ酪酸を合成するのにも必要な成分です。

おわりに

不眠になると、日中に眠気がしたり、体調を崩したりして日常生活が充実して送れなくなります。
ローヤルゼリーは、自律神経の乱れを整える、神経をやすませて入眠しやすくする、むずむず脚症候群を改善するなどの不眠の原因を予防、改善する働きがある成分を多く含んでいるので、不眠に悩む人にお勧めします。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related