ローヤルゼリーの成分 非必須アミノ酸 シスチン

非必須アミノ酸とは、体内で合成できるアミノ酸のことです。
ここでは、ローヤルゼリーに含まれている非必須アミノ酸の中のシスチンについて説明します。

シスチン(L‐シスチン)

シスチンは、有害物質のアセトアルデヒドを分解するアルコール分解酵素を助け、アセトアルデヒドを体外に排出する働きがあります。
また、アセトアルデヒドと直接結びつくとアセトアルデヒドを無毒化します。

さらに、ビタミンCと一緒になると、シミの原因となるメラニンの生成を抑制し、肌の再生(ターンオーバー)を助けてシミ、しわ、ソバカス、日焼けの予防、改善をします。

シスチンは、体内で代謝(外部から取り入れた栄養素をエネルギーに変換したり、消費したりすること)されるとイオウに変換されます。

イオウは皮膚や髪、爪をつくるたんぱく質なので、シスチンは、皮膚や爪を強くしてコシのある髪の毛を作ります。

おわりに

ローヤルゼリーには、しみ、しわ、ソバカスを予防、改善する効果や皮膚や髪の健康を守る効果があり、シスチンはその効果に役に立っています。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related