ローヤルゼリーの飲み合わせ コーヒー・紅茶

ローヤルゼリーは健康食品なので、基本的には何と一緒に摂取してもかまいませんが、中にはローヤルゼリーの効果を損ねるものがあります。

その中の一つがコーヒーや紅茶です。
どちらも私たちが普段よく飲んでいる親しみのある飲み物です。

ローヤルゼリーの中でもとくに生ローヤルゼリーは、独特のピリッとした刺激や酸味があるので、コーヒーや紅茶と一緒に摂って、飲みやすくしたいという人もいるかもしれません。

しかし、この飲み合わせは、あまりおすすめできない摂り方です。

コーヒーや紅茶、お茶に含まれているタンニン(ポリフェノールの一種)は、鉄と結合する性質があります。

タンニンは、鉄と結合するとタンニン鉄という物質に変化します。
鉄は、もともと吸収率が低い上に、タンニン鉄になると水に溶けにくくなり、腸で吸収されにくくなって体外に排出されてしまいます。

ですので、コーヒーや紅茶でローヤルゼリーを摂取すると、鉄の吸収が妨げられて効果が低くなってしまいます。

タンニンを含む飲み物には、コーヒーや紅茶以外にも、緑茶、ウーロン茶、ワイン、ビールなどがあります。
また、くるみ、クランベリー、ブルーベリー、シナモン、チョコレートなどにもタンニンは含まれています。

タンニンが含まれている飲み物や食べ物と一緒にローヤルゼリーを摂取するのは避けましょう。

この記事を読んだ方におすすめの記事一覧Related