更年期

ローヤルゼリーとプラセンタ、更年期にいいのはどっち?

女性を悩ませる更年期への対策として注目されるのが、『ローヤルゼリー』と『プラセンタ』ですね。
どちらも健康食品や化粧品として活用される成分ですが、「どっちが効果的なの?」と気になりませんか?
やみくもにサプリメントなどを摂取する前に、なにが違うのかをきちんと確認し、自分が欲しいものを選びましょう。

まずローヤルゼリーについて軽く説明しておくと、『働きバチが女王バチのために作り出す成分』です。
女王バチといえば一匹で大量の子供を生み出すのですが、そのためのスタミナにつながるのがこの成分であり、人間にとっても効果的なわけですね。
それに対してプラセンタというのは、『動物の胎盤エキス』です。
「胎盤って体に良いの?」と驚くかもしれませんが、元々女性の胎盤というのは子供を生み出す部位であり、人間を作り上げる全ての栄養を備えています。
野生動物は後産にて出てきた自分の胎盤を食べているように、こちらも人間にとって大変効果的な成分でしょう。

まず結論から言ってしまうなら、『どちらも更年期障害には効果がある』というのが真実です。
知名度でいえばローヤルゼリーが一歩先な印象ですが、プラセンタは医療機関でも採用が進んでいるように、こちらも軽視はできません。

そこで更年期のためにどちらかを活かすなら、『更年期以外への効果』に着目して選びましょう。
更年期に悩む年齢になると大抵は他の問題も抱えているため、付加価値こそがローヤルゼリーとプラセンタの住み分けになるのです。
ローヤルゼリーの場合、『デセン酸』の効果に着目しましょう。
これは女性ホルモンと似た働きをするため、美容成分という意味でもかなり優れています。
特に更年期はこのホルモン不足が原因といわれ、美しくなりながらも更年期予防につながるでしょう。

プラセンタの場合、『成長因子』がポイントです。
こちらは新陳代謝の活性化に役立つため、老化の防止をしつつ体力の衰えを軽減します。
したがって、アクティブな毎日を過ごすなら欠かせないでしょう。
双方とも単体でかなり効果を発揮しますが、「健康のために両方のサプリメントを摂っている」という人もいます。
体質にも左右されますが、どちらも体に大変好ましいため、併用がNGとは限りません。
食事制限などがあって不安ならかかりつけの医師に相談しつつ、どちらにすべきか相談するのも良いでしょう。
▼こちらのサイトにもローヤルゼリーについて詳しく書いてあるので参考にごらんください。